夏は「紫外線」や「冷房による乾燥」など、お肌の老化を一気に加速させる厳しい季節。

 

「夏を制する者は美肌を制す」とも言われるほど・・・。

 

夏の肌枯れ防止のために、今から美肌作りを実践してみませんか?

 

ナード・アロマテラピー協会認定 アロマ・アドバイザーコース のレッスン4は
「アロマでスキンケア」について。

 

ハーブウォーターでできる美肌作りについて学んでいきました。

 

ハーブウォターとは、ハーブの芳香成分が含まれる「芳香蒸留水」
フローラルウォーター、ハイドロゾルとも呼ばれます。

 

精油に比べて、マイルドで刺激が少ないので、
赤ちゃんから高齢者まで、気軽に安心して使えるのが魅力です。

 

赤ちゃんのオムツかぶれに、ハーブウォーターをシュシュ。
あせもにもシュシュ♪

 

お肌のトラブルや傷口の洗浄、化粧水やデオドラントスプレー、床ずれなどの介護にも…
さまさまな場面で使える優れもの。
 

精油とはまた違った、やわらかい香りに心が安らぎます。

 

 

私も毎日、化粧水として愛用している「KENSO」の国産ハーブウォーター。

 

無農薬の有機栽培法で育てたハーブを、南アルプスの天然水で蒸留したもので
品質がとにかく素晴らしいのです!

 

毎日使うことで、お肌が健やかになってくるのを実感しています。

 

 

ハーブウォーターに含まれる成分には、保湿作用のほか、
お肌の炎症を鎮めてくれたり、抗菌作用などがあります。

 

日焼けやあせも、エアコンによる乾燥など…
夏の肌トラブルにも大活躍の「ハーブウォーター」

 

精油だけでなく、ハーブウォーターも使いこなせるようになると
アロマテラピーの幅がぐーんと広がります。
 

 

実習では、夏の美肌作りにオススメの「ハーブウォーターの化粧水」を作製。

 

テキストのレシピよりも贅沢に…
保湿力のあるヒアルロン酸やグリセリンを加えて、しっとり感をプラスしました。

 

 

早速、お肌にシュシュとつけられて
「お肌がしっとりしますね。この化粧水はとても嬉しい!」
 と生徒さんも喜ばれていました^^
 

あれこれ塗るのではなく、お肌の本来の力を引き出すお手入れ法。

 

余分なものが入っていない、肌に優しいナチュラルなスキンケアを続けることで
肌力がゆっくり育ってくるのを実感できると思います。

 

 

植物の力を借りながら、夏のダメージ肌を制して、美しいお肌で秋を迎えたいですね。