大人の遠足、第2弾。

NARD アロマ・アドバイザーコース の生徒さん達と
飯能のメディカルハーブ園「薬香草園」へ行ってきました。

ラベンダーの蒸留体験をした後は、ハーブガーデンツアーへ♪

 

大人の遠足その① ラベンダーの蒸留体験の記事

 

6,500平方メートルもの敷地に、 約200種類のハーブや草木が育つメディカルハーブガーデン。

ハーブがちょうど見頃なこの季節。

ガーデナーさんに解説してもらいながら、ゆっくり1時間半、散策してきました。

 

この日の朝は、天気予報がはずれて、どしゃぶりの雨。

スリリングな天気にハラハラでしたが、ツアーが始まる頃には、
すっかり雨も上がり、私の雨女疑惑も返上しました(笑)

しかし、この後、まさかのひょうが降ってきて緊急避難。

 

「雨どころかひょうを降らせるなんて、先生最強ですね~」
とのありがたいお言葉をいただきながら…^^;

 

 

ひょうも無事にやんだので、気を取り直して、ガーデンツアーにいざ出発。

 

雨にしっとり濡れて、イキイキとしたハーブ達がたくさん出迎えてくれました。

可愛らしいカモミールもいっぱい。

こぼれ種で、みるみるうちに増えていったとのこと。

鼻を近づけると、リンゴのような甘い香りに、思わず笑みがこぼれました。

うさぎの耳のようなフレンチラベンダー、可愛いですね^^

薬香草園では、ミツバチの養蜂も行っているので、たくさんのミツバチがブンブン。

蜜を求めて、ラベンダーのまわりに集まっていました。

風にのって、どこからか、甘美な香りがフワッと運ばれてきました。

ふと見上げると、オレンジビターの白い可憐な花が満開。

 

ネロリの優雅な香りに包まれて、みんなでうっとりでした。

 

美しいバラの数々も堪能しました。

 

一つひとつ、バラの匂いもたしかめて…

バラの花の香りを嗅いでいるときの女性の表情は美しいですね。

 

羊のお耳 「ラムズイヤー」

葉に触ると、ふわふわして、柔らかで、 羊のお耳を触っているような愛おしさを感じさせてくれます。

 

 

生のパチュリーやエルダーフラワー、立派なリンデン(西洋ボダイジュ)の姿にも感激でした。

 

 

薬香草園のシンボルツリー「リンデン」

ハートの形をした葉が特徴です。

 

 

ハーブとアロマを満喫した一日。

たくさんの植物に触れて、香って、五感でハーブを感じて、癒されて…

心身ともに植物から元気をもらいました。

知識も大事ですが、生きたハーブを見て、感じて、慈しむことも大切にしたいですね。

 

 

さまざまな植物と出会えた一日。

「忘れられない一日になりました」など…嬉しいご感想をたくさんいただきました。

 

机上の勉強だけではなく、生きた植物の姿を見ることで、それぞれの個性を知り、
アロマテラピーの学びももっと深まっていくのではないかと感じます。

 

これからも、生徒さん達と有意義な体験をシェアしていきたいです。

また、素敵な想い出をたくさん作っていきましょうね。

どうぞお楽しみに^ ^