病院に行くほどではないけれど、首や肩が重かったり、痛みを感じたり・・・
そんなちょっとしたトラブルにも、メディカルアロマが役立ちます。

 

NARDアロマ・アドバイザー資格取得コース のレッスン9では
「痛みと炎症へのアロマケア」についてお伝えしています。

 

痛みには、アロマで対応できるものも多くあります。

たとえば…

「あ、どこかで嗅いだことがある!」と生徒さん達が反応する精油といえば「ウィンターグリーン」

まさに、あの湿布の匂い…。

湿布剤にも使われる「サリチル酸メチル」という成分を含むウィンターグリーンは、こりなどの痛みに湿布のように使うことができます。

他にも、鎮痛作用や抗炎症作用のあるラベンダーや、 筋肉の緊張をやわらげてくれるローズマリーなど、
痛みや炎症に役立つ精油はいろいろあります。

痛みと炎症のメカニズムをお伝えした後は、精油の選び方を学んでいきました。

実習は「肩こり用ロールオンアロマ」を作成。

持ち歩きに便利で、手を汚さずにサッと塗れる便利なアイテムです。

肩や首に、ロールオンアロマをサッと塗れば、香りを楽しみながら、
精油の成分も擦りこむことができて一石二鳥。

ラベンダーなどの優しい香りに癒されながら、肩こりも和らげてくれるなんて嬉しいですよね^ ^

 

レシピを変えれば、痛みの症状に合わせて、自分でケアできるようになりますよ^^

別の生徒さんは、つらい生理痛でお悩みとのことで「生理痛をやわらげるオイル」をお作りいただきました。

そんな女性特有の痛みに活躍する精油といえば「バジル」
バジルには、強い痙攣を鎮めてくれたり、痛みをやわらげてくれたりする成分が含まれています。

【生理痛緩和ブレンド】

・バジル
・プチグレン
・ラベンダー・アングスティフォリア
・ファーナスオイル

作用と香りのバランスを考えつつ、つらい痛みや痙攣、自律神経にアプローチしたブレンドが出来ました。

痛みだけでなく、自律神経など多方面にアプローチできるところも、アロマテラピーの良さですね^^

精油を使いこなす事が出来るようになれば、自分の体に合わせて、精油をブレンド出来るようになります。

生理痛、肩こり、腰痛、筋肉痛、頭が重いなど…
病院に行くほどではないけれど、ちょっとしたトラブルの解消にもメディカルアロマは役立ちます。

 

家族や自分の健康管理に、メディカルアロマをぜひ活用してみてくださいね。