ハーブ仲間の及川瑞枝さん(シニアハーブボールセラピスト)をお呼びして、「ハーブボール作り」のワークショップを開催しました。

 

ハーブボールとは、何種類ものハーブを布で包んで、温かく蒸し、体をほぐす「ハーブのお灸」のようなもの。

 

タイでは、伝統的な医療の一つとして使用され、妊婦ケア・産後ケア(ユーファイ)でも利用されて、出産後にすぐできるケアとして活用されているそうです。

 

NARDアロマ・アドバイザー講座を受講中のボタニカルガーデンの生徒さん・卒業生を対象にしたワークショップです♪

 

 

瑞枝さんが、こんなに、たくさんのハーブを持ってきてくれました。

とても贅沢! みなさん、興味津々です^^

 

 

ヨモギやどくだみ、生姜、柚子、スギナ、桑の葉、柿の葉、和薄荷など…

 

日本で古くから親しまれている11種類の薬草を使って、ハーブボールを作っていきました。

 

 

なかでも、沖縄から、わざわざ取り寄せたという「月桃」の香りにうっとり。

 

ショウガ科の独特なスパイシーで、爽やかな甘みのある香りに「ずっと嗅いでいたい!」と歓声があがりました。

 

 

それぞれのハーブの効能などを学んだあとは、いよいよ、ハーブボール作り。

 

ハーブを手でもんだりしながら、どんどん細かくしていくと、ハーブの香りが部屋中に包まれました。

 


優しい和の香りに包まれながらの手仕事。

 

 

 

 

とても穏やかな時間が流れていました。

 

 

 

ハーブを布で包んで、丸くまとめる作業は、みなさん、真剣な表情で集中!

 

 

こんなに、可愛いハーブボールが完成しました。

コロンと丸い形が、なんとも言えず可愛いです♡

 

 

一つ出来上がったら、こちらを蒸し器で温めて、蒸している間にもう一個作成。

2個目は、みなさん、手際良く、サササッと完成しました♪

 

 

最後は、温かく蒸しあがった「ハーブボール」のセルフケアを教えてもらいました。

首や頭、肩などに置いていくと…

ハーブの香りが立ち込めて、凝り固まっていたところが、じんわりとほぐれて、最高に癒されました。

癒しの温もりに包まれて、深くリラックスできた時間になって、大好評のワークショップでした^^

 

 

NARDアロマ・アドバイザー講座の生徒さん・卒業生を対象にしたワークショップは、定期的に開催しています。

今回のワークショップも大人気で、案内をしたと同時に、あっという間にキャンセル待ちに!

参加者の皆さまが、とても喜んでくださったので、これからも、ハーブとアロマに触れる機会を、もっともっと作っていきたいと思います。

講師の瑞枝さん(武蔵小山の温めサロン fuwari)、ご参加下さった皆さま、ありがとうございました^^

 

 

(おまけ)

終了後のお茶タイムでは、ハーブボール作りで使った11種類の薬草を使って、ハーブティーを淹れてみることに。

「どんな味がするんだろう」とみんなでドキドキ。

月桃の香りがフワッと漂って、香りは悪くないのですが…
何とも、コメントしづらい不思議な味のお茶になりました(笑)

でも、代謝促進作用のあるハーブばかりだったので、飲み終えると身体がポカポカに♪

きっと、みなさんも、印象に残るハーブティーになったはず?!