NARD アロマ・アドバイザーコースの生徒さん達と、大人の遠足「森林セラピ―体験」へ。

 

森林セラピストのしまだりえさんのガイドで、皇居外苑にある「北の丸公園」を散策してきました。

葉っぱやどんぐり、木の実を触って、手触りや香りを楽しんだり・・・

 

 

目をつぶって、心地よい風の音、鳥の鳴き声、
水の流れる音に耳をすませたり・・・

 

 

森の自然が織りなす景色を眺めて、緑色の違いを確かめたり…

五感を使って、感じて、森をじっくり体感してきました。

 

 

「木には個性があり、それぞれ体温が違って、冷たい木、温かい木がある」

「夏の暑い日に、木に触ると冷たくて、気持ちがいいんですよ」

「自分に合った木が見つかるかも」

とのこと。

 

1本、1本、気になる木に触って、木の体温、手触りを感じていきました。

 

 

私がビビビッときたのが、クスノキ。

落ち葉をこすると、樟脳の香りがスッーと染み渡りました。

 

 

天然のアロマテラピー。

 

森の香り「フィトンチッド」は、植物が森で呼吸する時に放出されて
森の中に漂っている成分。

 

森で深呼吸するだけでリラックス効果があるのは、天然のアロマテラピーを体験しているからでもあります。

 

森とアロマはとても深い関係にあるんだなと、身を持って体感しました。

 

どんぐり2個を持って、両手でコロコロしながら、手の平のマッサージも^^

みんな「気持ちがいい」とにっこり。

 

 

日本の香木の代表格「クロモジ(黒文字)」にも出会えました^^

茶道でも、爪楊枝として古くから親しまれてきたもの。

森林セラピストのしまださんが、家から持ってきてくれた「クロモジ」で匂いも確認。

和の香りに「ハァ~」とみんなでうっとりでした。

 

なんと、「クロモジエキス入り」のど飴(養命酒製造)まで、ご用意してくださってました!

 

五感の中の「味覚」も味わってくださいとのこと^^

 

 

「心の中にたまっているイヤなことは、水の中に流していきましょう。
自然は全部受け止めてくれますよ」
とガイドされながら…

 

滝のそばで、ゆっくり深呼吸をしながら、目をつぶって、水の流れる音を感じていきました。

 

終わると、頭がスッキリ!

 

みんな、つきものがおちたかのような、晴れやかな顔が印象的でした^ ^

 

 

最後は、みんなでふりかえりの時間。

「風の吹く音、止まる音、普段感じなかった音を感じた」

「緑にも、こんなにも多彩な緑色があることを分かった」

「目をつぶって、360℃音を感じるという体験を初めてして、頭の中がクリアーになる体験をした」

などいろいろな感想がありました。

 

森の力に癒されて、最後はみんな、この笑顔^^

 

心身共にリフレッシュし「また、明日から頑張ろう!」と、力をもらった感じです。

 

日々の雑事を忘れて、ゆったりと自然の中に没入する。

こんな時間が、忙しい現代人には大切だなと思いました。

 

森林浴でストレスホルモンが減少したり、
NK細胞の活性が高まって免疫機能がアップしたり…

 

実際に、生理・心理実験でも、癒しの効果が実証されている「森の力」

 

森林セラピーとは?

 

これで、私の免疫力もかなりアップした事と思います^^

森の魅力を堪能した一日。

 

都会の森でも十分に自然を味わえます^^

これからも、森のオアシスを堪能していきたいなと思います。